日記みたいな

ち~るどれん

稽古場に音響さんセット登場~♪。スピーカーにMDデッキ等々。
ってことで今日の通し稽古では、初めてお芝居に音がつきました。まだ効果音とかだけだったけど、それでもやっぱり音の力は偉大だなぁと改めて感じました。
例えば、セミの声一つとってみても、いっぱい鳴いてれば、昼間のギラギラした太陽や躍動感を感じられたり、一匹遠くの方で鳴いてれば、夕方の涼しさやさみしさを感じれたりと、情景や心情やらとめちゃくちゃ想像力をかきたててくれます。
本番ではさらに照明さんによる光のマジック、舞台屋さんのセットによる説得力も加わっちゃう。
一つ一つのパズルが組合わさっていき、そして最後にお客さんというピースで完成を迎える・・・至福の時空間・・・演劇は実に総合芸術ですね。

(最終更新:2015年1月22日)
Return Top