日記みたいな

Information

OOBAX 人気記事

ミニQ

ミニQと言っても、チョロQとかの類いではありましぇん。
劇団ヘロヘロQカムパニーの若手によって作られた「ミニQ」っていう集団です。
そのミニQ公演「9人兄妹物語~全員そろっていただきます!~」を高円寺にある明石スタジオに観に行ってきましたょ!。
今回の出演者は、スタッフさんも含め、ホントお世話になった人、そして今もなってる人ばかり。中でも横山望さんは、出会ってから改めて数えてみると・・・うわっ!約10年だっ!。テンイヤーズ。びっくりだぁ~。
ボクが小野プロデュース公演に初めて参加させてもらった時、横山さんは演出助手で、「小野さんのもとで舞台の勉強させてもらってます、横山です」って、中野坂上の稽古場で挨拶を交わしたんだっけ。うわ、すごい鮮明に覚えてるなこりゃ。
ボクも器用な方ではなく、横山さんも器用な人じゃなくって、なんだか同じ系統で、そして一緒にスタートラインに立ったばかりの新人、みたいな雰囲気だった。
早朝ハイエースに二人で乗り込み、渋谷にある劇場へ仕込みに向かう車内で、初めてゆっくりとしゃべったんだっけ。「これこれこういう経緯で小野さんに会って・・」みたいな感じからはじまって「どんな芝居が好きですか」とか。んで、横山さんって普段から照れくさそうな顔してることが多いんだけど、そん時はいつもよりもっと照れくさそうな感じでボソッと「いつか自分で芝居とかやれたらなぁ」なんて。。
そしてそれ以来ホントに色んな現場で何度もお世話になりまくり、舞台で共演もしました。
そしてそして時は流れ・・・
今回劇場で貰ったパンフの裏には・・・
「演出:横山望」という文字が・・。
感動です!。
10年間、確実に一歩一歩前に向かって歩いてきた、その成果でしょう。
「夢を語る」から、「夢を叶える」へ。
芝居が終わってからカーテンコールで見せてくれた、その照れくさそうな笑顔は、昔とホントちっとも変わらず、何だか涙がこぼれ落ちそうになりました。
・・・・とキレイにまとめて終わりたかったのですが、これだけは・・・これだけは横山さんに今度会った時に言わなきゃ。
舞台でも気になったんです。頭が。
言わなきゃ。誰かが言ってあげなきゃ。ボクが言ってあげなきゃ。
え~と・・・横山さん・・
「髪の毛・・・ちょっとヤバいですっ(太字だけど小声風)!!!」
そう・・・人生において、変わっていくものと、変わらないものがある・・・。

髪の毛は、そりゃぁ、確かに変わったさ。
でも今の君の見せる笑顔は、ホントに昔のままだよ。(磯野波平著「人生楽ありゃ苦もあるさ」より)

これ全然フォローになってないよな~~~~(汗汗汗汗汗汗汗激汗笑)。

(最終更新:2015年1月22日)
Return Top