日記みたいな

Information

OOBAX 人気記事

劇場が変わるとお芝居はどうなるの?…

今回のお芝居は、ツアーなので全国6つの劇場でやります。

小さい劇場から大きい劇場まで。

どの位違うかって言うと…

量産型ザクとシャア専用ザクくらい。

いや、

旧ザクとシャア専用ザクくらいかも。

…って、

逆に分かりにくいっ(汗)_| ̄|○

ってか、

なぜにザクで比べる?!(笑汗)

ザク基準じゃなくって

単純に客席の数から言うと

100ちょいの劇場から

1000くらいの劇場までと、

ものすごーく違いますΣ(・□・;)

「はじめから客席基準でやれよっ!」

というツッコミ、多数だと思われますが(゚o゚;;

でも、舞台上は

役者にとって

もうホント衝撃的に大きさが変わるのですσ(^_^;)

大きさだけじゃなくて、袖と呼ばれる、役者が出たり入ったりするとことか、構造的にもかなり違ったりもします。

さらに、照明や音響設備も全然違います。

名古屋の劇場なんて、ムービングと呼ばれるクルクル回ったりする照明が6台ぐらいあったり、でっかいTVモニターも何台もあります。

でも客席置くと200人も入りません。

さすが、SKE48専用劇場(笑)

普通、立ち見だもんね(^◇^;)

福岡の劇場は、駅ビルの上にあって、
音響は、なっなんと、映画館みたいな

ドルビーシステム仕様です((((;゚Д゚)))))))

ってことで、

劇場によって役者の出入りや、立ち位置も違うし

照明はかなり変わるし、音響も音質全然違うしと

演出がかなり変わるってことです。

なので、劇場が変わるとお芝居は…

相当変わるって事です。

まぁ本質は変わらないのですが、見え方がかなり変わるって事です。

でも劇場毎に見比べると、こんなに変わる芝居なんて

そうなかなか、ないだろうなぁf^_^;)

何ヶ所かご覧になる方は、

そーいうかなりレアな楽しみもありますよー(=´∀`)

でも、劇場変わる毎に、その劇場用に稽古と準備が必要で、

それはそれは、ものすごーーく時間かかりまくりなわけでして(-。-;

役者としても、これはかなり貴重な経験になるはずです(^ー^)ノ

とりあえず今は、初日の名古屋の劇場を想定して、

バミリって呼ばれてる、床にテープ貼って、

こんなか感じで稽古しておりまするよー。

(最終更新:2015年1月22日)
Return Top