日記みたいな

information

OOBAX 人気記事

1・2・3・吉祥寺・ダーーーーーーー!


いくぞーーーーーー!!
・・・いやいや(^_^;A
来たぞーーーー!
久しぶりに吉祥寺に来たぞーーーーーー!
ホント久々。
かなり昔ですが、この街は、ボクにとっての、テリトリー。ちょっぴり庭でした。
そりゃぁ「ジョージ」って呼んでたぐらい、ナウなヤングもウハウハな、
新人類な、ファージーな、
まぁ、新宿には出る勇気がない人が集まる街みたいな( ̄▽ ̄;A
丸井には入れるけど、パルコに入ると足がすくむみたいな( ̄▽ ̄;A
そんな、田舎から上京したての、まさにホッカホカなボクは、ちょっぴり吉祥寺っ子でした。
が・・・・
しかし・・・
そんなダサさ満載のボクを受けとめてくれた、あの頃のジョージの姿は、今はどこにもなく
何だかビッグシティに変貌を遂げ、
とてつもなくオシャレな・・・
いや、
オサレ~~な街と化していたのでありやんしたぁΣ(゚Д゚;≡;゚д゚)(汗)
がっでーーーむーーーーーΣ( ̄□ ̄; ) ガーン 
のーーーーーーー!こんなの違うやんかぁっ!!
かむばっく、あの時の・・・
あんときの、
あんときのジョーーーージ!!
「シャー!あんだこの野郎!」と一人街中で興奮しておりました(もちろん、心の中で)。
あっ、
なぜ久しぶりに吉祥寺に来たかというとですね、
ナンジャタウンのクリスマスイベント、そして3月の小野プロ公演とで一緒だった、
「Jeweltic」のライヴを観に来たのでありやんしたっ。
小野プロ公演のオムニバスコメディの一つに、
この「Jeweltic」が歌手役で、そしてボクがその音楽事務所の社長役という、
前回演じてて、一番心に残ったストーリーがありました。
歌いたくない歌を歌わされ、タレント・お笑い・芝居と何でもやらされ、
いったいそれらが自分のために、歌のためになるのか悩む歌手のJeweltic。
しかし「自分の歌を誰かに聞いてもらうため、これからも前に進むんだっ」と夢に向かって、
また力強く一歩を踏み出していく。
ラスト、
本当に自分が歌いたい歌をみんなに聞かせてくれるJeweltic。
聞いて欲しいという思いを歌声にのせ、みんなの心に届けるために・・・
みたいな、ステキなお話。
歌手という役柄がjeweltic本人の本職とリンクしてる分、かなり心にグッとくるものがありました。
そして、
今日のライヴでも・・・
あの芝居のラストに歌ってくれた、
あの曲を、jewelticは聞かせてくれました。
フルバンドで聞けて、なんだか映画のエンドロールを見ているように、
あの時のお芝居が、今夜、本当の完結を迎えたかのようでした。
ジョージ、最高っ!
jeweltic、最高っ!!
・・・ん?
Jeweltic?????
さっきから
「ジュエルティック」って
誰だよ????

ってか、気づくの遅っ(笑汗)
ガイジンさんなのか??
いえ。
マジシャン??
いえいえ。。
怪しいエステティックサロン???
い・・・んまぁ・・・
遠からず近からず(いや、近くないです、汗笑)。
それでは、正解です。
「Jeweltic」とは、
石橋優子こと、ゆうこりんの、ライヴする時に使う名前でしたぁ。
あっ彼女のブログ、リンクしときましたんで。
で、プロフの写真見ればお分かりですが、
それはそれはもう、
コテコテの日本人ですから(笑)

(最終更新:2015年1月22日)
Return Top