日記みたいな

チルドレ~ン日記

はじめに・・・なんか稽古場日記みたいなの書き出すと、文章べたなボクはついつい平気でネタばれ的な事もいきおいで書いちゃいそうなので、怪しいなぁこれは・・と感じた時点で即、「記事の続き」にカキカキするね。ここからは読みたい方はどうぞ~♪ってな感じでよろしくです。
んで、いきなり続きにカキカキ(笑)。


通し稽古で二時間二十分くらいありました。じょうさんもこの作品は二時間十五分ぐらいにしたいみたい。最近のお芝居にしては結構長めの作品になりそうです。それだけ伝えたい事がいっぱいつまってるんだろうなぁ。まぁでもいくら演技をテンポアップしたりしても、劇場入ったらテクニカルなことで必ずまた長くなるもんなので、この時点でどこかやっぱカットしなきゃいけない。・・・やばい~!。そうなんです。かなり自分の出演シーンは台本にないことでふくらましてたんで、案の定、ばっさりカットでした(汗)。まぁ作品がよくなるためにはしかたない作業だな~こればっかりは。
さてさて、ここでチルドレンつながりってことでミスチルの歌詞のせときます?
「くるみ」。。なんかいいなぁ。

ねぇ くるみ
この街の景色は 君の目にどう映るの?
今の僕はどう見えるの?
ねぇ くるみ
誰かの優しさも 皮肉に聞こえてしまうんだ
ねぇ そんな時はどうしたらいい?
良かった事だけ思い出して
やけに年老いた気持ちになる
とはいえ暮らしの中で
今 動き出そうとしている
歯車のひとつにならなくてはなぁ
希望の数だけ 失望は増える
それでも明日に胸は震える
「どんな事が起こるんだろう?」
想像してみるんだよ
ねぇ くるみ
時間が何もかも洗い連れ去ってくれれば
生きる事は実に容易い
ねぇ くるみ
あれからは一度も涙は流してないよ
でも 本気で笑う事も少ない
どこかで掛け違えてきて
気が付けば一つ余ったボタン
同じようにして誰かが 持て余したボタンホールに
出会う事で意味が出来たならいい
出会いの数だけ別れは増える
それでも希望に胸は震える
十字路に出くわすたび
迷いもするだろうけど
今以上をいつも欲しがるくせに
変わらない愛を求め歌う
そうして歯車は回る
この必要以上の負担に
ギシギシ鈍い音をたてながら
希望の数だけ失望は増える
それでも明日に胸は震える
「どんな事が起こるんだろう?」
想像してみよう
出会いの数だけ別れは増える
それでも希望に胸は震える
引き返しちゃいけないよね
進もう 君のいない道の上へ

(最終更新:2015年1月22日)
Return Top